就活生必見!商社一般職の業務内容と1日の流れを大公開!

商社一般職の業務内容と1日の流れを大公開 タイトル 商社一般職
商社一般職の業務内容と1日の流れを大公開 
この記事は約6分で読めます。

こんにちは!商社OL Nです。

この記事では、商社一般職の業務内容や、1日の流れについて公開していきます👩‍💻

あくまで一例ですが、参考になればうれしいです!

※商社がどういった業界なのかについては割愛させていただきます。業界について知りたい方は、企業HPや就活サイトなどがわかりやすいと思います☺︎

この記事はこんな方におすすめ!
  • 就職活動や転職活動中
  • 商社・一般職に興味がある
  • どんな業務をしているのかイメージがわかない
  • 社員の生の声を聞きたい
商社OL N
商社OL N

私の現在の状況は以下のとおりです!
・残業なし
・コロナ対策で週1出社
・フレックス制度
利用

商社一般職の業務内容は?総合職のサポートではない!

入・デリバリー業務

コンテナ船の画像

私は営業部に所属しており、いわゆる「輸入貿易」を行っています。

そのなかで業務の大半をしめるのが、輸入・デリバリー業務です。

文字通りですが、海外から商品を輸入し、国内の客先へ販売しています。

私の場合、輸入元は1社、国内の客先は8~10社ほどとなっています。

それくらいわかるよ!という方もいると思うので、もうすこし具体的に業務内容を解説します(笑)

総合職と一般職の比較もしていきますね。

総合職一般職
商品発注輸入元に発注。
仕入価格・数量・日程等の決定を行う。
輸入・通関業務船のスケジュール調整など。輸入元や船会社から届いた書類を通関業者に提出。
必要書類の作成・提出。
入庫業務船の到着に合わせ、倉庫と入庫日を調整。
コンテナ運搬の車両手配など。
国内デリバリー契約締結。販売価格や数量決定。
新規取引先への営業など。
客先からの発注書をもとに倉庫へ出荷依頼。
納品書なども作成。
輸入・デリバリー業務の内容について

商品発注

商品発注については、すべて総合職が英語で行います。

よって、私が英語でやりとりすることはほぼありません。

(英語を使わないなんて、私が例外なだけかもしれませんが^^;)

英語が苦手な私にとっては、この部署に配属されてラッキーだったと思っています(笑)

通関業務・入庫業務

こちらは、毎日行う業務ではありません。

書類が届き次第、船が到着し次第、展開していくといったかたちです。

通関業務・入庫業務は私たちが直接できることではないので、その道のプロにおまかせしています。

たとえば、、、

輸入元から船積書類(インボイスやBL)などが届いたら、通関業者に転送します。

その後船が日本に到着したら、通関業者は送った書類を元に通関を切ってくれるので、外国貨物を内国貨物(日本で販売できる商品)にすることができるのです。

スムーズに輸入ができるよう、各業者への書類送付や日程調整はかかせません。

国内デリバリー業務

逆に、国内のデリバリー業務はほぼ毎日行います。

客先から、「○月○日に商品Aを○個ほしい」といった発注書が来るので、それにもとづいて出荷依頼書を作成し、倉庫へ送付します。

1ヶ月分まとめて発注が来るところは、こちらも数日分まとめて依頼書を作成すればいいのですが、都度発注してくるところもあるので、毎日FAXやシステムの確認をしなければいけません。

急な発注や、内容の変更がある時は、客先と電話でやりとりしたりもします。

社内処理

タイピングの画像

2つめ。輸入・デリバリー業務とおなじくらい大切な業務が、社内処理です。

社内処理は完全に一般職の業務であり、総合職が行うことはほとんどありません。

処理をするといっても、正確には営業経理部に社内処理依頼をし、それをもとに営業経理部が処理を完了させます。

社内処理とは、たとえばこんな感じです。

  • 売上計上依頼
    ➡︎売上がたったよ〜という処理
  • 在庫入庫依頼
    ➡︎輸入した商品が会社のものになったよ〜という処理
  • 出金・送金依頼
    ➡︎請求がきたから支払うよ〜という処理

つまりいくら営業部ががんばって商品を売っても、社内処理をしないと「会社の売上」にはならないわけです。

そして、社内処理をしないと取引先に入金できないのです。

このように、社内処理を依頼する際は、漏れなく正確に!ということが大切になってきます。

0がひとつ多いだけで、何百万のマイナスが出てる!?なんてことになってしまいますからね><

雑務

郵便物の画像

そして、業務内容3つめは雑務です。

雑務と聞くとなんだかいやな感じがしますが、安心してください!変なことはしません(笑)

おもに行うことは以下のとおりです。

  • 郵便物の仕分け
  • PDFをとってメール
  • 祝電・弔電などのとりまとめ

担当の業務に直接関係することではなく、部や課のために行う業務です。

総合職は外出や出張が多いので、それらがない一般職が雑務を行うことがほとんどです。

無心でカッターで郵便物を開けたりするのですが、意外と好きだったりします(笑)

ここまで、おおまかに業務内容を3つにわけて紹介しました。

ご覧いただいてわかるように、一般職はサポートをするだけじゃないんです!

輸入・デリバリー業務においては、総合職と一般職がペアになって取り組むのでサポート的な要素もあるかもしれませんが、基本的には一般職も責任ある業務をまかされていますし、裁量のある職種だと感じています。

出社日の1日の流れ

続いて、1日の流れを紹介します。

ざっくりですが、タイムスケジュールは以下のような感じです。

商社一般職の1日の流れ
商社一般職の1日の流れ

早起きが苦手なので、フレックス制度を使って10時に出社します。

メールチェックやデリバリー業務をしていたら午前中はあっというまに終わり、すぐにランチタイムです(笑)

課のミーティングは月に1回ほどなのですが、総合職の報告がメインになります。

もちろん私たちも意見や質問など気軽にできます。仲良しな課です☺︎

そして、さきほど紹介した業務内容をこなしていき、残業なしで退社します。

残業は絶対にしたくないので、どうしてもいそがしい時や急な業務が入った日以外は、すぐに帰ります。

主婦の方もたくさんいらっしゃるので、わりと定時で帰りやすい雰囲気になっているとは思います。

私は主婦でもなんでもないですが、ちゃっかり帰ります(笑)

まとめ

働いている女の人のイラスト

ここまで、業務内容・1日の流れについて紹介させていただきました。

あくまで「私の場合」ですので、全ての一般職がこうであるとは限りません。

そこだけ注意してくださいね><


ただ、あらためて一般職は、自分で業務の優先順位を決めることができ、自由に働くことができる職種だなと感じます。

時間に追われるということがないので、その日にあわせたタイムスケジュールを組んで取り組めますし、ライフワークバランスもいいのではないかと思います。

一般職のメリット・デメリットについてや、就活体験記もまた書こうと思っているので、楽しみにしていただけたらうれしいです。

ここまで見ていただきありがとうございました☺︎

それではまた!

関連記事はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました